レンタルサーバー|Joe'sウェブホス>ティング

レンタルサーバー|Joe'sウェブホスティング

MovableTypeについてご説明します。

  • 会社情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

導入マニュアル

レンタルサーバーのJoe'sトップサポート導入マニュアルMovableType

MovableType

MySQL設定

弊社サーバでは、mysqlとpostgresqlの両方使用可能ですが、MTの場合、サーバーに負荷をかけないmysqlのご利用をお勧めします。簡単にMTで使用するデータベース作成までの手順をご説明いたします。

1 cPanel®にログインし、「MySQLデータベース」に移動する。
2 MTで使用するデータベースユーザを作成します。

ページ中段に「登録されているデータベースユーザ」という表示がございますが、その下の「ユーザ名」にMTで使用するデータベースユーザ名を入力いたします。そして「パスワード」にデータベースユーザのパスワードを入力します。

ユーザの追加
【例】ユーザ名:joes / パスワード:abcdefg

それぞれ任意で決めて頂いて結構でございます。入力後「ユーザの追加」をクリックするとデータベースユーザが登録されます。

3 MTで使用するデータベースを作成します。

「登録されているデータベースユーザ」のすぐ上に、「データベース名」の入力欄がございますので、そちらにMTで使用するデータベース名を入力して「データベースの追加」をクリックしてください。

データベース名
【例】データベース名:mtbd

こちらも任意で決めて頂いて結構でございます。以上でデータベースの作成が完了いたします。

4 データベースにアクセス権限を与えます。

データベースは作成しただけでは使用する事はできませんので、データベースにデータベースユーザからアクセスできるように権限を設定します。

付与される権限
work15_はデータベースを作成すると表示されます。work15はアカウント名でございます。

「付与される権限」の「ALL」にチェックが入っていることを確認します。「ユーザ」と「データベース」にそれぞれ上記の手順で作成したものを選択します。そして「データベースアクセス許可リストへのユーザの追加」をクリックします。以上でデータベースがご利用可能な状態となります。

Movable Type 3.2 インストール

ダウンロードした Movable Type3.2 を解凍後、mt-config.cgi-originalファイルmt-config.cgiに名前変更してください。

mt-config.cgiファイルのCGIPath (28行目) に、cgiファイルを置くアドレスを記述します。

28行目:CGIPath http://work15.joeswebhosting.net/mt/

[ 注 意 ]

  • cgi-gin フォルダ内にはMTファイルをアップロードしないでください。
  • 基本的にcgi-binフォルダはcgiファイルのみ使用可能なフォルダです。
  • 新たにpublic_htmlの下にフォルダを作成していただき、そのフォルダ内にMTファイルをアップロードしてください。

#をはずして

ObjectDriver DBI::mysql
Database work15_mtdb (MTで使用するデータベース)
DBUser work15_joes (MTで使用するデータベースユーザ)
DBPassword abcdefg (データベースユーザのパスワード)
DBHost localhost

一覧へ戻る


専用サーバー

サーバー納品48時間、使って納得してからのお支払い

その他サービスのご案内

Joe's バーチャルオフィス  SSL市場

Joe'sクラウドコンピューティングでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、ベリサイン株式会社のSSL証明書を使用し、SSL暗号化通信を行っています。





レンタルサーバー21,000社以上、SSL証明書9,000件以上の豊富な実績。共用サーバー、専用サーバー、SSL証明書の事ならJoe'sクラウドコンピューティングへ

copyright© 2002-2012 Joe's Cloud Computing, Inc. All rights reserved.