レンタルサーバー|Joe'sウェブホス>ティング

レンタルサーバー|Joe'sウェブホスティング

Joe'sコンパネ市場、月額800円(Plesk付1200円)のVPS(仮想専用サーバー)サービスを提供開始。

  • 会社情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

最新情報

レンタルサーバーのJoe'sトップ最新情報プレスリリースJoe’sコンパネ市場、月額800円(Plesk付1200円)のVPS(仮想専用サーバー)サービスを提供開始

Joe’sコンパネ市場、月額800円(Plesk付1200円)のVPS(仮想専用サーバー)サービスを提供開始

配信日時:2010年7月27日

Joe'sウェブホスティング(本社: 大阪市北区梅田, 代表: 鈴木禎子)では、VPS (仮想専用サーバー)のサービスに、従来の1サーバー3ユーザ(月額7,000円)、10ユーザ(月額3000円)の上位プランに加え、40ユーザ(月額1600円), 100ユーザ(月額800円)の下位プランを追加した。さらにそれぞれにサーバー管理コンパネPleskの利用可(上位プランで100ドメイン用 月額500円の追加、下位プランで10ドメイン用 月額400円の追加)・不可の両方のプランを用意した(計8プラン)。

国内のVPSのサービスでは、1サーバーに何ユーザのVPSアカウントがあるかを公表しているサービスはほとんど皆無であるといってよい。現実に、1サーバーに100前後のユーザを入れているサービスが多い。そのため、契約してから、サーバーが重すぎる、サーバー資源の制約が強すぎる、という苦情が多いのが現状である。また、Joe'sでは、安心して契約ができるよう、入金前からサービスを利用でき、動作などを確認し、契約を希望する場合に限り30日以内に料金を支払う、というポリシーをとっている。

今回のVPSの下位プランおよびコンパネなしプランの提供に関しては、必要なら上位プランおよびコンパネありプランへのアップグレードが容易にできることが前提となっている。
システムの開発やサイトの運営のためにルート権限が必要という理由でVPSというサービスを利用する場合もあるが、運用開始予定のサーバーのトラフィックが見えず、最初はコストを抑えたいというニーズもある。そのような場合でも、安心して契約できるような配慮を検討した結果、今回のリリースとなった。
 
国内では、Parallels社のParallels Virtuozzo Containers 4.0という仮想化アプリケーションの上で、サーバ管理ツール Parallels Plesk Panelを動作させるという形式のVPSサービスは多い。しかし、
1.Parallels社製品を利用したVPSでは、大半が大手ホスティング提供会社の再販としてサービスを提供しているため、下位プランでも割高になっている場合が多い。
2.既存の専用サーバー契約者が割安とされるVPSのサービスに移行しないよう、上位プランのVPSのサービスの提供に消極的である(やはり割高になっている)。
などの理由で、契約者が満足するようなVPSサービスの提供はまだこれからであるといってよい。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社Joe'sクラウドコンピューティング
担当:事務サポートチーム 川浪、技術サポートチーム 池原
TEL:0120-087-388

一覧へ戻る


その他サービスのご案内

Joe's バーチャルオフィス  SSL市場

Joe'sクラウドコンピューティングでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、ベリサイン株式会社のSSL証明書を使用し、SSL暗号化通信を行っています。





レンタルサーバー21,000社以上、SSL証明書9,000件以上の豊富な実績。共用サーバー、専用サーバー、SSL証明書の事ならJoe'sクラウドコンピューティングへ

copyright© 2002-2012 Joe's Cloud Computing, Inc. All rights reserved.